Welcome!
はじめにポチッとお願いします。

歴史ランキング

≫ EDIT

米産小麦輸入枠14万トン 日米貿易協定、TPP下回る

日米両政府が25日の首脳会談で署名を目指す貿易協定案について、米国からの小麦に年14万トンの特別な輸入枠を設けることがわかった。協議の基礎となった米国との環太平洋経済連携協定(TPP)交渉で設けた輸入枠に比べて1万トン少なくなる。日本は無関税枠を設けない方向で調整を進めているコメと同様、TPPを下回る自由化水準で重要品目の決着を目指す。

政府が管理する国家貿易の小麦では、海外産に年574万トンの輸入枠を設定している。米国はこれとは別に年14万トンの輸入枠を得ることになる。

政府は枠内の輸入について、割高な国内産との価格差を減らす目的の「マークアップ」の支払いを製粉会社に求める。枠を超えて輸入する場合、マークアップはなくなるが、1キログラムあたり55円の関税が発生。マークアップより関税の方が輸入に伴う負担は重い。

米国が途中で離脱したTPP交渉では米国、カナダ、オーストラリア向けにそれぞれ輸入枠を設定。米国の場合は協定発効時に11.4万トンで、年々拡大し7年目に15万トンになる仕組みだった。

農産品では牛肉にかかる38.5%の関税率について、協定発効後はTPPに加盟する他国と同じ水準に引き下げ、最終的に9%にする。豚肉も同様に引き下げ、高価格品の関税を最終的にゼロにする。「15%または1リットル125円」が課されていたワインへの関税も段階的に撤廃し、米国産が日本市場で競争しやすくする。

(ここまで)


牛肉やワインが安くなりそうなのは歓迎すべきことだ。

ただ、相変わらずのコメの保護と小麦の輸入制限とかマークアップはいかんね。

コメなんて国際価格の5~10倍のものを日本に住む人たちは買わされてて、こんなものぼったくり以外のなにものでもないよね。

まあ、今でも小麦の方がコメよりやや安いから、コメを買わなきゃいいだけなんだけどね。


コンビニの100円おにぎりはだいたい150kcal、100円パンは250kcal程度。

どちらを買うべきか一目瞭然!


農業関係の連中は農業保護に躍起になってるけど、いったいいつまでこの連中を保護しなけりゃならないんだ?

国際競争力をつけるよう努力してるか、こいつら?

むしろ「日本人はいつまでもオレたち農業従事者を支えろ」なんて思ってるんじゃないのかね。



歴史ランキング
スポンサーサイト



| 未分類 | 05時46分 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「消費支出11ヶ月ぶり「大幅下落」に呆れる声続々」だってさ

内閣府は6日、10月の景気動向指数について、景気の現状を示す一致指数が前月と比べて5.6ポイント下落の94.8だったと、共同通信社などが報じた。

下落幅は、東日本大震災があった2011年3月の6.3ポイント以来、8年7ヶ月ぶりの大きさである。また、10月の消費支出も、物価変動の影響を除いた実質で前年同月に比べて5.1%減っており、マイナスとなったのは11ヶ月ぶりだという。落ち込み幅は、消費税を5%から8%に引き上げた後の2014年4月の4.6%よりも大きかったと日本経済新聞、NHKなどが報じている。

これについて日本のネット上では「消費が落ちるのは当然」「国民の大半がこうなるの分かってた」「消費税増税して景気が良くなるわけないだろ」と呆れかえる声が続々を挙がっている。 

(ここまで)


「あきれ返る声が続々挙がっている」そうだけど、こいつら増税阻止のために何かやったのか?

やってないよな?

だったら自業自得だと思うよ。


税務当局は公式には否定しているけど、在日朝鮮人に対する税優遇は在日朝鮮人団体による執拗な「抗議」活動の成果だよ。

連中は川崎かどこかの税務署幹部を処刑してるしね、国税もビビッたんだろう。


最近、増税に対する抗議デモがレバノンやら中米のどこかで起きてたし、増税ではないけど、フランスでも大規模ストが起きてた。

そういうことをやっても増税を阻止できるかどうかわからないのに、何もしないんじゃ阻止なんかできるわけないじゃん。

逆に阻止できると思ってたとしたら、むしろそっちに呆れるよ。






歴史ランキング

| 未分類 | 23時32分 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【聖書預言】ロシアとその同盟軍 vs イスラエル の結果(ロシアのイスラエル侵攻 その3)

さて、ロシアとその同盟軍によるイスラエル侵攻に際し、イスラエルに与する国はただの1つも現れず、イスラエルは単独でこれを迎え撃つことになるわけですが、その結果はというと、


 ゴグがイスラエルの地を攻めるその日、神である主の御告げ。

 わたしは怒りを燃え上がらせる。わたしは、ねたみと激しい怒りの火を吹きつけて言う。その日には必ずイスラエルの地に大きな地震が起こる。海の魚も、空の鳥も、野の獣も、地面をはうすべてのものも、地上のすべての人間も、わたしの前で震え上がり、山々はくつがえり、がけは落ち、すべての城壁は地に倒れる。

 わたしは剣を呼び寄せて、わたしのすべての山々でゴグを攻めさせる。

 神である主の御告げ。彼らは剣で同士打ちをするようになる。わたしは疫病と流血で彼に罰を下し、彼と、彼の部隊と、彼の率いる多くの国々の民の上に、豪雨や雹や火や硫黄を降り注がせる。

 わたしがわたしの大いなることを示し、わたしの聖なることを示して、多くの国々の見ている前で、わたしを知らせるとき、彼らは、わたしが主であることを知ろう。(エゼキエル書38章18-23節)


「神である主」がロシアとその同盟軍に手を下すと書かれています。

このことから、ロシアとその同盟軍のイスラエル侵攻がハルマゲドンの戦い=世界最終戦争ではないことがわかります。

ハルマゲドンの戦いのときには、エルサレムは一時的にしろ陥落すると書かれているからです。


それはさておき、この戦いの後、ロシアが没落することは確実で、その空白を埋めるべく世界が大きく再編されて行くだろうことは容易に推測できます。



歴史ランキング

| 未分類 | 03時01分 | comments:1 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

安房里見氏が改易されたのは、その一族に城方についた者がいたから?

という説を唱える人がたまにいる。


『土屋知貞私記』という文書に城方についた人のリストがあり、その中に「里見美作 里見房州(里見忠義のこと)親類」とあるのがそれなんだけど、一族や重臣が城方に味方した諸侯なんて、バレてるだけでもいくらでもいるんだよね。


最も有名なところでは、何といっても信濃の真田信之。弟の幸村の外、かなり近い一族と思われる真田源八郎なる人物もわざわざ信之の下を去って大坂城に駆けつけている。


他にも毛利輝元、細川忠興、黒田長政、前田利常、京極忠高、山内忠義、生駒一正、仙石忠政、浅野長晟、伊達正宗、南部利直、松平忠直、秋田実季辺りも親類や重臣が大坂城に入ってるし、徳川秀忠の母の一族すらいる。


でも誰も処罰されてないよね。


しかも里見美作が大坂城に入ったタイミングは不明で且つ「牢人」の項目に含まれていることから、里見氏の改易の後だった可能性が高いと思うんだよね。


だから、この説は間違いだろうね。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

決戦!大坂の陣 (実業之日本社文庫) [ 山田風太郎 ]
価格:815円(税込、送料無料) (2019/11/17時点)





歴史ランキング

| 日本史 | 13時13分 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【聖書預言】イスラエルに与する国は?(ロシアのイスラエル侵攻 その2)

さて、ロシアとその同盟軍によるイスラエル侵攻の際、イスラエルに与する国はあるのでしょうか?


シェバやデダンやタルシシュの商人たち、およびそのすべての若い獅子たちは、あなたに聞こう。

『あなたは物を分捕るために来たのか。獲物をかすめ奪うために集団を集め、銀や金を運び去り、家畜や財産を取り、大いに略奪をしようとするのか』と。(エゼキエル書38章13節


「シェバ」はアラビア半島南部のおそらくイエメンでしょう。

「デダン」はサウジ、「タルシシュ」はトルコ南部のタルススかスペイン南部と言われていますが、聖書中にタルシシュの船団の輸送した品目の中に象牙、クジャクが含まれるという記述があることから、地中海方面ではなく、紅海またはインド洋方面のどこか(東アフリカとかインドとか)と思われます。

「すべての若い獅子たち」はイギリスやアメリカのことでは?と言う人もいますが、何の根拠もないように思われます。


これらの国々にしても、イスラエルに与するわけではなく、ロシアを非難するだけであり、イスラエルは単独で迎え撃つことになるようです。


ロシアが口先だけの非難などに耳を傾ける筈もなく、


あなたは、北の果てのあなたの国から、多くの国々の民を率いて来る。彼らはみな馬に乗る者で、大集団、大軍勢だ。

あなたは、わたしの民イスラエルを攻めに上り、終わりの日に、あなたは地をおおう雲のようになる。ゴグよ。わたしはあなたに、わたしの地を攻めさせる。それは、わたしがあなたを使って諸国の民の目の前にわたしの聖なることを示し、彼らがわたしを知るためだ。(エゼキエル書38章15-16節)


イスラエル侵攻を決行することになります。








歴史ランキング

| 未分類 | 01時34分 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT