| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

中国がインドへの貨物航空便を一時停止して医療品調達に支障 ← やることが低劣過ぎる

四川航空、インドへの貨物航空便を一時停止 医療品調達に支障「実質的な報復措置」
インドで中共ウイルス(新型コロナウイルス)の感染者と死者が急増している事態を受けて、中国外務省は22日、インドに医療物資を提供すると表明した。しかし、国営航空会社、四川航空は26日、インドへの一部の貨物輸送航空便の一時運休を発表した。

印紙タイムズ・オブ・インディア26日付によると、四川航空傘下の四川航空物流公司は同日、各営業所に対して通知で、西安~デリー間を含む6つの貨物輸送航空便を一時停止するとした。停止期間は15日間。中国から酸素濃縮器や他の医療物資の調達を急いでいるインド企業などは大きな影響を受けているという。物資の到着が大幅に延期されるとみられる。

また、インド貿易企業の関係者は、中国の医療物資メーカーが販売価格を35~40%値上げし、運賃も20%引き上げたと訴えているという。

(ここまで)


相変わらずやることが悪辣です。


東日本大震災の際、日本の周囲を1周するという嫌がらせをして見せたのが中国です。


また、日本向けレアアースの価格を大幅に吊り上げたのも中国です。


中国(、朝鮮半島とロシア)は他国の窮状に付け込むのが大好きで、中国と南北朝鮮に至っては、国家レベルばかりか企業・団体・個人レベルでも同じように振る舞うので注意が必要です。


否、むしろ普段から関わらないようにするのが一番でしょう。





歴史ランキング
スポンサーサイト



| 中国 | 23時07分 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【転載】中国から飛んでくる黄砂の有毒物質と健康被害



黄砂アレルギー=金属アレルギー特にニッケル(アレルギー発症者の90%)





歴史ランキング

| 中国 | 21時34分 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【転載】ウイグル問題を報じない日本のマスコミと北京五輪の危機



東京五輪は無観客でもやるとおもいますけど、北京はやるにしても、ロシアのための大会になるかもしれません。


日本でもボイコットするかどうか決めるべき時が訪れると思いますが、そのときメディアは「スポーツに政治を持ち込むな!」と騒ぎそうですね。





歴史ランキング

| 中国 | 21時16分 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

中国の大盤振る舞いは健在、一方日本はショボ過ぎ、、

相次ぐ企業の「技術情報持ち出し」 中国企業に移籍で年収2.5倍も
 漏洩者がリスクを冒して情報を持ち出すのは、相応の「対価」のためだ。

「海外へ盗まれるイメージが強いが、国内の企業の間で問題になるケースがほとんどです。社員が自ら技術資料や顧客名簿などを転職先に持ち出す場合、10%増しほどの年収でライバル会社に移る。そして、転職後にさらに年収を高めようと元の会社の情報を業務に活用します」(吉野氏)

 リスクの割には身入りが少ない印象を受けるが、海外企業が用意する報酬は段違いだ。

「倍以上の場合も少なくない。私が取材したところ最近、日本の部品メーカーの社員が中国の同業者に技術情報を持ち込んで転職したケースでは、年収が推定で2.5倍になりました」(吉野氏)

(ここまで)


中国の大盤振る舞いについて、「どうせ技術を吸収し尽したらポイされるだけ」と言う人がいますが、そもそも中国では同じ企業や組織に勤務し続けることは余りなく、少しでも良い条件を提示されれば、あっさりと現在の職場を捨てて移って行きます。


これは古代・中世の頃からそうで、だからこそ勲官散官を濫授したり、太平天国の爵位濫発清軍による軍官濫授のようなことが繰り返されて来たわけです。


一方、日本人はカミカゼを強要されても、団結して反乱を起すこともなく、唯唯諾諾と従っていたわけですから、日本企業のショボい報酬の原因は使用者側のケチにのみあるわけではないと思いますね。





歴史ランキング

| 中国 | 22時15分 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

中国人女優が美容整形に失敗、その部位とは?

中国人女優、美容整形が失敗した鼻の写真公開 危険性に警鐘
【AFP=時事】中国人女優が、整形手術が失敗するという「悪夢」を経験し、壊死(えし)した鼻の写真を公開した。美容整形手術の危険性についてファンらに警鐘を鳴らしている。

(ここまで)


「顔」に決まってるじゃん!と思うよね?


正解は正解なんだけど、、


しかし、世界的には必ずしもそうではなく、欧米では「豊胸」と「脂肪吸引」がメイン。


「顔」メインは、言わずと知れたブサイク御三家、中国、韓国、日本の東北アジア系


prm1908140008-p1.jpg


いわゆる扁平で一重瞼の弥生顔の人たち御用達ということ。


まあそうだよな。





歴史ランキング

| 中国 | 21時12分 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT