| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ソ連軍前線の後方地域で起きていたこと(1944~45年)

1944年6月のバグラチオン作戦以降、ソ連軍は破竹の進撃を続け、1945年1月に入ると、①ポーランドをソ連支配下に置く、②西側連合軍より先にベルリンを占領することを目的として、強行軍に次ぐ強行軍を続けたため、ソ連軍占領地が急速に拡大した。


1944-178.jpg
バグラチオン作戦


広大なソ連軍占領地域には、NKVD(内部人民委員部)という労農赤軍(ソ連軍)とは別組織で、ソ連軍に配属されていても、ソ連軍の指揮命令系統には属さず、建前としてスターリンに直属する武装部隊が展開した。


スターリンによれば、NKVDは「占領地域に見受けられるあらゆる不審分子の処置に不可欠なもの」で、自動火器、軽戦車、トラック、馬車等2~3線級の装備を有していた。


stalin1945-thumb-720xauto-137529.jpg
スターリン(画像引用元


ここで登場した「不審分子」とは、強盗などの犯罪者の外、後方に取り残されたドイツ軍敗残部隊、現地人の反ソ武装勢力、ソ連軍脱走兵、そしてNKVDが「対独協力者」や「反革命」と「認定」した現地人等のことである。


前線の後方に取り残されたドイツ軍敗残部隊は多くの小グループに分れて西への逃走を試み、ソ連軍脱走兵たちは出身地や国外脱出を目指し、現地人の反ソ武装勢力は現地に留まって食料や武器弾薬確保のために待伏せし、補給部隊や個々のソ連兵を襲撃した。


ソ連兵たちは占領地域で掠奪暴行放火殺人の限りを尽し、野戦憲兵としての役割を持つNKVDはこれを殆ど取り締まらず、それどころか、あるNKVD司令官によれば、「いくつかのNKVD部隊において、大多数の将兵が軍務に専念せず、掠奪品の収集に熱中している」有様であったため、現地人の反感を買い、多くの人々が反ソ武装勢力に参加した。


このように軍紀が弛緩し切っていたため、ソ連兵とNKVD兵間やソ連兵同士の抗争も多発した。


いくつか例を挙げると、


1945年2月初、第1白ロシア方面軍所属の親衛戦車旅団長で「ソ連邦英雄」称号を持つゴローレフ大佐は、道路上で交通渋滞を整理していたところ、泥酔した兵士たちによって射殺された。


2月14日、ドイツによる強制労働に従事していたロシア人女性の集団がソ連軍によって解放され、ロシアに後送される途中に一時収容されていた村落を、少尉指揮する1中隊が包囲し、NKVD警備兵たちを射殺した上、組織的強姦に及んだ。


26日、将校3人が兵站宿舎に無断で入り、NKVD警備隊長ソロヴィヨフ少佐が制止しようとしたところ、1人の少佐が「おれたちは前線から帰還したばかりで、女が欲しいんだ」と言い捨てて、宿舎の女性たちを襲った。


27日、戦車隊の中尉が穀物収穫中の現地人女性たちに近づき、そのうちの1人と二言三言話した後、「もっとそばに来い」と要求したところ、その女性が拒否したため、中尉はその女性を拳銃で射殺した。


ポーランド国内に駐在しているNKVD警備司令部の近くに、当該司令部で働く100人以上の女性たちの宿舎があったが、3月5日深夜、第3親衛戦車軍の将兵60人が酩酊状態で宿舎に侵入し、女性たちに襲い掛かった。

事態を聞きつけて駆け付けた警備隊長が戦車兵たちに「出て行け」と命令したが、戦車兵たちは警備隊長を銃で脅したため、戦車兵とNKVDの間で乱闘になった。


69ffc38e.jpg


上述の如き有様であるから、脱走兵も続出し、また脱走かどうかわからないケースも多く、任務に出動してそのまま消息を絶ってしまったり、いつの間にか姿を消していたということもあった。


1945年4月8日付の第1白ロシア方面軍の報告書を見てみよう。


「相変わらず多くの兵士が後方地域をうろつき、原隊から分遣されたと称しているが、実際には脱走兵であって、掠奪・窃盗・暴行を働いている。第61軍担当正面で最近600人以上の脱走兵が逮捕された。正当な用向きのもの、掠奪目的のものも含めて、軍関係者の馬車や車両であらゆる道路が渋滞している。彼らは馬車を街路や納屋に置き、めぼしい物品を探して集積所やアパートの周辺をうろつきまわる。もはや赤軍の一員とはとても見えない将兵が多い。正規の軍装からひどく逸脱した服装が見逃されている。兵士と将校、兵士と民間人の識別が困難になっている。上官への抗命の危険な事例が多発している。」


以上から、前線後方のソ連軍占領地域は、治安が回復されている状態にはほど遠く、むしろ混沌(カオス)と呼んで差し支えない状態であったことがわかる。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ベルリン陥落 [ ボリス・アンドレーエフ ]
価格:2525円(税込、送料無料) (2021/9/7時点)




歴史ランキング

| 第二次大戦前後の歴史 | 22時27分 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

第二次大戦下のアイルランド共和国軍(IRA)

アイルランド共和国軍(IRA)は、アイルランド北部6県のプロテスタント系武装組織アルスター義勇軍に対抗して、20世紀初頭に結成されたカトリック系武装組織「アイルランド義勇軍」の後継組織で、1919年に「アイルランド共和国軍」に改名した。


1921年、英連邦内の自治領としてアイルランド自由国が成立したが、完全独立を目指すエイモン・デ・ヴァレラとマイケル・コリンズ等の穏健派との抗争が激化し、内戦状態となった。


800px-Éamon_de_Valera_03Michael_Collins_1921.jpg
エイモン・デ・ヴァレラ(左)とマイケル・コリンズ(右)


これを好機と見たプロテスタント勢力は北部6県のアイルランドからの離脱を宣言し、北アイルランドとしてイギリスに復帰した。


内戦後、IRAはアイルランド政府から弾圧され、第二次大戦時には壊滅状態となっていたが、それでもドイツと連携すべく代表団を派遣したり、イギリス本土での爆破テロを計画・実行したりもしている。


しかし、イギリス本土では当局の厳重な警戒のため散発的な爆破テロや破壊工作しか実行できず、却ってドイツがIRAの実力を疑う結果となってしまったため、両者の連携は成立しなかった。


IRAは1969~70年に強硬派と穏健派との対立が激化して分裂し、前者はIRA暫定派と呼ばれ、1970~80年代、イギリスに対する武装闘争・テロを激化させた。


1990年代に入ると、和平への動きが顕著となり、2005年7月、IRA暫定派は武装闘争の停止を宣言、以後、同派の政党シン・フェイン党を通じて活動を継続している。



歴史ランキング

| 第二次大戦前後の歴史 | 22時40分 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

第二次大戦下のアルゼンチン

1939年に第二次大戦が始まると、当時イギリスに多大な譲歩を強いられていたアルゼンチンでは親枢軸国派が勢力を拡大、1940年に親枢軸国派のラモン・カスティージョが政権を掌握して、枢軸国寄りの中立政策を採用した。


一方、アメリカはアルゼンチン政府に陰に陽に圧力をかけたため、1944年1月、ラミレス政権は枢軸国と断交するに至ったが、陸軍次官フアン・ドミンゴ・ペロンを始めとする統一将校団(GOU)がこれを非難したことをきっかけとしてラミレスは失脚、3月、副大統領エデルミロ・ファーレルが大統領に就任し、ペロンは副大統領になった。


180px-Juan_Peron_con_banda_de_presidente.jpg
フアン・ペロン


これに怒ったアメリカは、大使召還、ファーレル政権不承認、そして経済制裁を発動したが、これら一連の内政干渉は却ってアルゼンチン国民を団結させ、ペロンの人気を高めることになった。


アルゼンチンは枢軸国の敗色が濃厚となった1945年3月末になって、ようやく連合国として形だけ参戦したものの、第二次大戦が終了すると、アメリカとの関係は決定的に悪化した。


1945年8月に戒厳令が解除されると、アメリカの駐アルゼンチン大使スプルーレ・ブレイドンは公然とペロン批判を始め、10月9日、アルゼンチン軍の反ペロン派がクーデターを起こして、ペロンを拘束した。


しかし、軍のペロン派、ペロン支持を決議したCGTのゼネスト、そしてペロンの解放を要求して五月広場に大挙した労働者たちによる「10月17日集会」によってクーデターは失敗、ペロンは解放され、翌年の大統領選に当選した。



歴史ランキング

| 第二次大戦前後の歴史 | 22時43分 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

インドSS義勇軍団(Indian SS Volunteer Legion)

インドSS義勇軍団(Indian SS Volunteer Legion)はガンディーと並ぶインドの独立運動家スバス・チャンドラ・ボースの働きかけで、1942年9月、ドイツ国防軍の第950歩兵大隊として設立され、翌43年には3個大隊を数えるに至った。


彼らは、ドイツとその同盟軍のインド進攻に参加することが想定されていたものの、そのような機会は訪れず、またボースもドイツからではなく、日本からのインド解放を目指して、日本へ去ってしまったため、西部戦線の防衛任務に就いていた。


s130.jpg
ドイツ軍のインド人将校


1944年6月に実行された連合軍のノルマンディー上陸作戦によって西部戦線が崩壊すると、インド人連隊も敗走し、8月、彼らの知らないところで武装SSに編入され、インドSS義勇軍団として再編成された。


彼らはドイツ国内に駐留していたが、1945年、ソ連軍がベルリンに迫ると、彼らの保有する重火器を第18SS義勇装甲擲弾兵師団『ホルスト・ヴェッセル』に引き渡すよう命令が出され、軽火器のみとなった彼らはスイスへ亡命すべく南進中、西側連合軍に捕捉されて、イギリスに送還された。


当時、インドは反英の機運に満ちた不穏な状況にあったため、イギリス政府はインドSS義勇軍団の将兵の殆どを不問に付して、インドに送還した。



歴史ランキング

| 第二次大戦前後の歴史 | 23時22分 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

自由アラビア軍団(Free Arabian Region)

1941年4月、イギリス軍がイラクへ侵攻、5月末にはバグダードを占領したため、イラクの反英政権は崩壊し、首班ラシード・アリ・アル=ガイラーニー(Rashid Ali Al-Gaylani)はエルサレムのイスラム大法学者アミーン・アル=フサイニー(Amin Al-Husseini)とともにドイツへ亡命した。


ドイツはアル=ガイラーニーとアル=フサイニーの支援を受けて、イラク、シリアやアルジェリア等出身のイスラム教徒義勇兵を募集し、1942年8月、自由アラビア軍団(Free Arabian Region)を編制した。


自由アラビア軍団の一部は、1943年1月にイタリア経由でチュニジアに上陸し、ドイツのアフリカ軍集団に編入され、北アフリカの戦いに参戦したものの、5月13日、ドイツのアフリカ軍集団は連合軍に降伏した。


Bundesarchiv_Bild_101I-177-1465-16,_Griechenland,_Soldaten_der__Legion_Freies_Arabien_
自由アラビア軍団の兵士たち


別の一部は1943年11月からギリシアでパルチザン掃討に従事し、1944年10月にユーゴスラヴィアに撤退し、1945年5月、ザグレブ(クロアチアの首都)で戦争終結を迎えた。


残りの一部はF軍集団に編入されて、ユーゴスラヴィアでパルチザンと戦い、1944年10月にベオグラード近郊の戦闘で大損害を被り、残存勢力は第2装甲軍の一部として戦闘を続け、1945年5月、オーストリアで連合軍に降伏した。



歴史ランキング

| 第二次大戦前後の歴史 | 22時12分 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT