| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

欧州委員会「原発は環境に配慮した投資先」 ← 背に腹は代えられない?

原発は「環境に配慮した投資先」 欧州委が認定方針、1月中に判断
 欧州連合(EU)の行政執行機関にあたる欧州委員会は1日、原子力発電を天然ガスと共に「環境に配慮した投資先」として認める方針を発表した。発電時に二酸化炭素(CO2)を排出しない原発は「脱炭素」社会実現に向けた一定の役割が期待される一方、事故が起きれば甚大な被害につながるため、今回の方針には加盟各国や欧州議会の反発も予想される。また、国際的な原発マネーの流れや日本の原発政策にも影響する可能性がある。

(ここまで)


さすがに、あれだけロシアに翻弄されれば、当然の選択でしょう。


「事故が起きれば甚大な被害につながる」は毎日新聞の願望ですかね。


で、相も変わらず再生可能エネルギーを推進し続けるのでしょうか?


そんなことはないと信じたいものですが、日本ですから、、





歴史ランキング

| 欧米 | 21時55分 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

仏当局が日本女性に逮捕状、両国籍の子連れ去り容疑で ← こりゃ誘拐でしょ

https://news.yahoo.co.jp/articles/1a532b73b539d1592d551e9776e364eae72e4754
 パリの裁判所は30日までに、東京在住のフランス人男性(39)と日本人の妻の結婚生活破綻後、妻が子どもたちを連れ去って男性に会わせないのは略取容疑などに当たるとして、妻の逮捕状を出した。関係者が明らかにした。日本人の片方の親が子を連れ去り、欧州連合(EU)市民の親に会わせないケースの多発は日欧間の主要外交問題だが、逮捕状発付は異例。

(ここまで)


日本人妻による子供連れ去りは欧米ではかなり問題視されているにも関わらず、日本ではメディアも人権団体等も不思議なほど静かなんですよね。


日本では単独親権が一般的で、妻が親権者になることが殆どですが、欧米ではよほどのことがない限り共同親権が基本です。


だからこそ、子供の養育は両親の義務になるわけですが、日本では殆ど妻の単独親権になるにも関わらず、親権を認められない夫にも養育の義務が課せられるという理不尽極まりないことがまかり通っています。


一刻も早くこの日本人妻が逮捕され、フランスでその罪が裁かれることを祈念せずにはいられません。





歴史ランキング

| 欧米 | 23時09分 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

米無人機、アフガンで民間人を誤爆か ← 中露ならそんなこと気にもしない

米無人機、アフガンで民間人を誤爆か 米紙報道
【9月11日 AFP】米紙ニューヨーク・タイムズ(New York Times)は10日、米国がアフガニスタンで撤退前に行った最後の攻撃で、イスラム過激派組織「イスラム国(IS)」の戦闘員と間違えて支援団体職員を標的にした可能性があることが映像分析で明らかになったと報じた。

afganistan.jpg

(ここまで)


中国やロシアは「精密爆撃」など考慮すらせず、敵の支配下にある都市を攻撃する場合、都市全体を包囲した上で、無差別に砲爆撃を加えます。


中国がチベットで、ロシアがチェチェン実施し、今もシリアで実施している無差別砲爆撃の根拠は、「街全体がテロリストとその協力者」というもので、これは独ソ戦(1941-45年)当時のドイツ軍・ソ連軍の双方が使用した論法でした。





歴史ランキング

| 欧米 | 22時22分 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

米国「タリバンのメンバーかシンパばかり、女性が1人もいないのは問題」アフガン新政権閣僚について

米、タリバン新内閣の顔触れに懸念 「行動で判断」
【9月8日 AFP】米国は、アフガニスタンの実権を掌握したイスラム主義組織タリバン(Taliban)が7日に発表した主要閣僚の顔触れに懸念を示す一方、アフガン人を自由に出国させるなどの行動で判断すると発表した。

 米国務省の報道官は、主要閣僚の顔触れについて「タリバンのメンバーか近しい人物のみで構成され、女性が一人もいないことに注目している。また、一部の人物の所属や経歴も懸念している」と述べた。「タリバンが暫定内閣として発表したことは理解している。しかし、われわれは言葉ではなく行動でタリバンを判断する」 (c)AFP

(ここまで)


タリバンの主導する政権なのだから、タリバン関係者ばかりというのは全然おかしなことではありませんし、女性が1人もいないことも別に懸念するほどのことでもないでしょう。


「言葉でなく行動で判断する」だけで良かったと思いますけどね。


img_2a6a95772a71dd333fafe0080a9573e2172984.jpg


それはさておき、女性云々を言うなら、「LGBTQ+が1人もいない」ことも言うべきだったのでは?と思いますが、完全無視しています。


メディアを中心に「LGBTQ+差別は男性中心社会における女性差別と同じ」とフェミニズムと連携するよう誘導する傾向がありますが、LGBTQ+差別するのは男性とは限りません。女性も普通にLGBTQ+を差別しています。


先日、立憲民主党の辻元清美が雑誌で「マッチョなおじさんリーダーの国は苦心し、女性リーダーの国は国民との共感を重んじてうまくいっている」と話していますが、これなど人間には男性と女性しかいないと二元論的に考えていなければ出て来ない妄言でしょう。


多様性の時代に二元論を唱える時代遅れの「昭和のおばはん」には一刻も早く後進に道を譲って欲しいものです。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

AERA 2021.9.13【電子書籍】
価格:367円 (2021/9/9時点)




歴史ランキング

| 欧米 | 22時14分 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

アジア系ヘイトクライムによる被害者の約70%が東北アジア系

アジア系ヘイトクライム対策法成立 バイデン氏「憎悪と偏見止める」
 アジア系や太平洋島しょ出身者への差別解消に取り組むNGOによると、2020年3月~21年3月の間、アジア系などに対する差別事案が全米で6603件報告された。言葉による嫌がらせ(約65%)や意図的に避ける行為(約18%)が多く、身体的な暴力も800件以上あった。被害者は中国系(約44%)が最も多く、韓国系(約17%)が続き、日系人や日本人の被害も約500件あった。

(ここまで)


6,600件中500件ということは、日本系は7.5%ですね。


米国で「アジア系」と言えば、ユーラシアのパキスタン以西に太平洋島嶼を含めますが、こうして見てみると、やはり「扁平で一重瞼(及び/または吊り目)且つ爬虫類のような」東北アジア系を選んで襲撃していたようです。


ドラヴィダ人を始めとした南インド系、東南アジアのマレー系や太平洋島嶼系の人々の一部には、彼らにヒスパニックを加えて「ブラウン(茶)」と称し、「ブラック(黒)」と連携しようとする動きも見られます。


まあ、「イエロー(黄)と一緒にするな!」という強い意思表示でしょうね。


実際のところ、日本にいると気付きにくいですが、米国へ行くと、東北アジア系の特殊な容姿は非常に目立ちますから。


ちなみに、日本人であっても縄文系ならば、本人たちが思っている以上に、米国ではヒスパニックやインド系に間違えられることが多いので、1回でもそのような経験のある人は、いっそのこと「ブラウン(茶)」として振る舞ってみるのもありかもしれません。





歴史ランキング

| 欧米 | 22時30分 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT