| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

またNYでアジア系襲撃事件 ~そもそも「アジア系」とは?~

アジア系女性 ハンマーで暴行 「マスク外せ」
アメリカ・ニューヨークで、アジア系の女性らが「マスクを外せ」と叫ぶ女に、ハンマーで殴られる事件があった。

道路を歩いている、女性2人。

後ろから女が追いかけてきて、2人に襲いかかる。

女の手を見ると、ハンマーが握られていて、女性を何度も殴打している。

これは、ニューヨーク中心部タイムズスクエアの近くで2日に発生した事件の映像で、殴られた31歳のアジア系女性は、頭にけがをして、病院に運ばれたが、犯人の女は逃走している。

(ここまで)


米国で「アジア系」というと、ユーラシア大陸のパキスタン以東と太平洋島嶼を指します。


イラン、アラブ、トルコ、マグレブ(北アフリカ)は「白人」です。


また、中南米は白人、黒人、黄人、赤人(太平洋系)等にかかわらず「ヒスパニック」です。


いわゆる「アジア系」の中にはインド北部やパキスタンの白人、インド南部のドラヴィダ人、東南アジアのマレー人や、ポリネシアに代表される太平洋島嶼人も含まれますが、米国では一般的に中国・朝鮮・日本に代表される扁平で一重瞼の東北アジア系を指すことが多いです。


そのため、東北アジア系以外の「アジア系」人の中には、「アジア系と一括りにしないで欲しい」と表明し、自らを「ブラウン(茶)」と称して「ブラック(黒)」と連携する動きもあるようです。


ちなみに日本人の中でも、いわゆる縄文系の人々は、米国では本人たちが思っている以上に、ヒスパニック、マレー系やインド系に間違えられることが多いです。





歴史ランキング
スポンサーサイト



| 欧米 | 22時28分 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

LA朝鮮人団体が「アジア人ヘイト犯罪根絶」を求める広告キャンペーン

https://www.wowkorea.jp/news/korea/2021/0417/10295900.html
米国の多国籍テクノロジー企業“アマゾン”が設立した映画製作・配給会社“アマゾン・スタジオ”は、米ロスアンゼルス(LA)の韓人団体と共に、「アジア人ヘイト犯罪根絶」を求める屋外広告を設置した。

(中略)

屋外広告版には、ヘイト犯罪の加害者のターゲットとなっている白髪のアジア系のおばあさんが「ヘイトはウイルスだ」というマスクをつけている絵が描かれている。

(ここまで)


この記事に「ヘイトの巣窟が何言ってるんだ!」というようなコメントが多数付いていたけど、朝鮮人も日本人も一緒だから。


むしろ、この広告に対して、中国・朝鮮・日本に代表される東北アジア系以外の人たちはどう思うんだろうね?


「アジア人ヘイト」と言ったところで、その標的は東北アジア系なんだから、「俺たちは関係ねえよ」なんじゃないかな。


ちなみに、日本人の中でも、アイヌ、沖縄はもちろん、本土でも縄文系なら、かなりの確率でヒスパニックとかマレー系に間違えられるから、扁平で一重瞼の弥生系の人たちとは一線を画して距離を置くようにした方が安全かもしれないよ。


imagetop.jpg



歴史ランキング

| 欧米 | 20時43分 | comments:1 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「黒人たちが深刻な人種差別を支持している現実を直視しなければならない。」 ← 何を今さら



何を今さら、、


「西海岸で最底辺はアジア系特に東北アジア系」


ということは、今に始まったわけではなく、以前からそうだったんですけどね。


ここでの「最底辺」は社会的ステータスというより、市井での実態においてです。


一般的に東北アジア系は勉強熱心なので、社会的には白人に準ずる位置付けまで出世することが多々ありますが、そのことが他人種から反感を買っているところはあると思います。


imagetop.jpg


加えて、東北アジア系は扁平で一重瞼という人類の中でも極めて特殊な容貌をしており、それでも愛嬌があればまだマシなんでしょうが、そんなことはなく、むしろ他人に不快感を与える容貌なので、そもそも他人種から嫌悪の対象になりやすいのだとも思います。





歴史ランキング

| 欧米 | 21時01分 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【転載】ボスニアで起きた民族紛争の爪痕を巡る(ボスニア・ヘルツェゴビナ)



開始直後から概要





歴史ランキング

| 欧米 | 22時17分 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

米でアジア系へのヘイト・クライムが増加 ←東北アジア系の容姿は特殊だから、、

寺に放火、後ろから刺され...アジア系へのヘイトクライム、コロナ禍で多発。「外に出るのが怖い」
新型コロナウイルスの感染拡大した2020年から今年にかけて、アメリカで、アジア系へのヘイトクライムが続いている。

2月25日には、ニューヨーク市のマンハッタンの中華街近くで36歳のアジア系男性が午後6時20分ごろ、道を歩いていたところ、後ろから突然倒され背中を刺された。

男性は、腎臓の一つを摘出するなどし重体だという。「自分が刺した」と近くの警備員に伝えた容疑者の23歳の男は、「自分を見る目が気に入らなかった」と話しているという。警察によると、凶器は20センチのナイフだという。

同日夜、ロサンゼルスの東本願寺別院のちょうちん台が放火された。LAタイムズによると、灯籠も破壊されており、警察はヘイトクライムの疑いで捜査している。

2月16日には、同じくロサンゼルスのコリアンタウンで、27歳の韓国系アメリカ人の男性が「チャイナウイルス、中国へ帰れ」と叫ぶ2人の男から突然、襲われた。殴られた顔に青黒くあざが残る姿を各局テレビなどメディアが伝えた。

2月3日には、フィリピン系アメリカ人の61歳男性が、地下鉄で突然カッターで顔を耳から耳にかけてきられ100針を縫う大怪我を負った。昨年7月には、ブルックリンで、89歳の中国系女性が無言で近づいてきた男に突然殴られ、洋服に火をつけられる事件もあった。

大学のアジア関係学部などで作る団体「Stop AAPI Hate」によると、新型コロナウイルスが感染拡大した2020年、世界で2800以上のヘイトクライムが報告されているという。

(ここまで)


ここでは「アジア系」と一括りにされているけど、事例を見てみると、その殆どは東北アジア系みたいだね。


その理由のかなりの部分は、次の一語に尽きると言ってもいいと思うよ。

「自分を見る目が気に入らなかった」


この画像を見ろよ。


imagetop.jpg


右の弥生人=東北アジア系の眼つきに不快感を覚える人は多いと思うよ。


扁平で一重瞼というだけでも「薄気味悪い」のに、それに加えて体毛も薄いと来ているから、爬虫類ぽいんだよな。


こういうのって、直観的というか感覚的なものだから、教育とか宣伝とかで何とかなるものじゃないし、処罰しても陰湿化するだけだと思うよ。





歴史ランキング

| 欧米 | 21時29分 | comments:1 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT