| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

延辺(間島)朝鮮共産党暴乱

 スヴォボーフォヌイ朝鮮人暴乱の後、延辺(間島)における朝鮮人の「抗日」活動は低調となったが、その間、朝鮮共産党員をはじめとする共産主義者の満州への不法侵入が続いたため、共産主義者による活動が活発化した。


 しかし、民族派との抗争や共産党内の内紛に忙しく、「抗日」運動そっちのけだったので、比較的平穏な状況が続いた。


 1930年、コミンテルンの指示により、満州の朝鮮共産党は中国共産党に吸収されることになった。そこで、朝鮮共産党は中国共産党へ忠誠を示すことを目的として、日本と奉天軍閥に対する武装蜂起を計画して、満州省委から承認を得た。


 1930年5月30日、朝鮮共産党が延吉、竜井等延辺の主要都市や鉄道沿線で一斉蜂起、官庁、鉄橋、電力企業等を襲撃した。続いて7月31日、敦化で暴動を起し、暴動は以後1年以上に亘って延辺各地で断続的に続き、中国人・朝鮮人富裕層100人以上が朝鮮人暴徒によって殺害された。


 これに対して、日本軍・警察と奉天軍閥が鎮圧のために出動し、翌31年春までに鎮定した。


 朝鮮共産党を吸収した中国共産党は、1932年に満州国が建国されると東北人民革命軍を、36年には東北抗日聯軍を編成したが、その活動内容はといえば、民間人からの掠奪、民間人拉致・殺害、民家への放火等匪賊そのものであった。


 1939年から関東軍・満州警察が掃討作戦を本格化させ、1941年までに満州からその勢力を一掃した。残存勢力はソ連へ逃亡した。



歴史ランキング
スポンサーサイト



| 歴代朝鮮対外侵略史 | 22時24分 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

スヴォボーフォヌイ朝鮮人暴乱

 1910年に日本が韓国を併合すると、これに反対する勢力が満州の延辺地域に侵入し、朝鮮独立を掲げて武装闘争を行っていた。


 この地域は間島地域とも呼ばれ、1860年代から朝鮮人の不法侵入が続き、当時、朝鮮人約50万人が当該地域を不法に占拠していたため、各種朝鮮人武装集団の根拠地としてうってつけであった。


 これら武装集団は「抗日」と大層なことを称しつつ、実際に彼らがやっていたのは、民間人からの掠奪や民生施設への襲撃といったもので、その実態は単なる強盗集団であった。


 1920年10月、琿春事件で日本領事館が襲撃されると、日本は延辺一帯の掃討作戦を実施、これにより各種武装集団は大打撃を受け、残存勢力は「大韓独立軍団」を自称してソ連に逃れ、ソ連の赤軍と連携しようとした。


 ところが、赤軍は「大韓独立軍団」を武装解除しようとし、「大韓独立軍団」がこれを拒否したため、1921年6月28日、ソ連赤軍と「大韓独立軍団」との間で戦闘が発生、「大韓独立軍団」は壊滅した。



歴史ランキング

| 歴代朝鮮対外侵略史 | 22時47分 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

李氏朝鮮の女真侵攻 その3 ~サルフの戦い~

 1568年5月19日、平安兵使(節度使)金秀文率いる朝鮮軍が西海坪(平安北道慈城郡慈下面慈城江口付近)に来居していた女真を襲撃し、14人を殺害して、家舎を焼いた。


 1583年1月、「慶源府阿山堡」の「藩胡」(女真)が阿山万戸崔夢麟による侵虐に抗して蜂起した。これに対して、慶源府使金璲、判官梁士毅が兵を率いて渡江して女真に侵攻したものの、却って「胡人」に包囲されて大敗した。この報せが広まると、「鐘城胡」、「会寧胡」等もこれに呼応して蜂起した。


 2月16日、富寧府使張義賢等率いる朝鮮軍が3路から渡江して、蜂起した「胡人」の部落を掩撃焚蕩し、殺害した150人の耳を送付した。


 5月5〜11日、「鐘城胡」栗甫里、「会寧胡」尼湯介等率いる「胡軍」20,000余騎が「鐘城」を包囲し、軍官権徳礼等朝鮮兵を多数戦死させるも、攻略できず撤退した。


 1588年1月15日、穏城府使楊大樹等率いる朝鮮軍が潜師渡江して「時銭藩胡」を襲撃し、慮舎200余を焼き払い、380余人を殺害した。


 2月16日、朝鮮軍が「恵山」(咸鏡南道恵山鎮、三水東北方)において「胡軍」と交戦し、恵山僉使李遐が敗死した。


 1605年3月15日、僉使全伯玉率いる朝鮮軍が「鐘城」から渡江して女真へ侵攻するも、伴加退において、「忽剌温」騎兵100余の急襲を受けて敗走した。


 1619年3月4日、明の援軍要求に応じて派遣された刑曹参判姜弘立を都元帥、平安兵使金景瑞を副元帥とする朝鮮軍13,000が遼陽総兵官(軍司令官)劉綎率いる明の南路軍の指揮下に入り、後金の国都ヘトゥアラへ向けて侵攻し、フチャにおいて後金軍と戦闘状態に入ったものの、「銃砲一放の後、再蔵に及ばざる」うちに後金軍騎兵が朝鮮軍に突入したため、即時に朝鮮軍左右両営が壊滅し、宣川郡守金応河、雲山郡守李継宗、永柔県令李有吉、右営千総金堯卿、呉稷、左営千総金佐龍等が戦死、翌5日、残った姜弘立以下中軍5,000は後金軍に投降した。


 その後、清の太宗ホンタイジが1627、1636年の2度に亘って実施した朝鮮征伐により、朝鮮は清に降伏し、その属国となった。





歴史ランキング

| 歴代朝鮮対外侵略史 | 09時05分 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

李氏朝鮮の女真侵攻 その2 ~朝鮮の北侵拠点建設と女真の反撃2~

 1460年1月、会寧節制使金師禹が兵を率いて、「会寧長城」(咸鏡北道)外に来屯していた女真1,500人を襲撃し、70余人を殺害した。


 2月、鏡城節制使趙邦霖率いる朝鮮軍が「鏡城」において兀良哈軍800余騎と交戦し、これを敗走させた。


 8月27〜30日、咸鏡道都体察使申叔舟率いる朝鮮軍10,000が「鏡城」から図們江を越えて毛憐衛へ侵攻し、女真430余を殺害、牛馬1,000余を掠奪した。


 1461年3月、節制使鄭浚指揮する朝鮮軍が「鏡城」において女真100余と戦って、これを破った。


 1467年9月、平安道宣慰使尹弼尚率いる朝鮮軍が明軍の建州衛侵攻に乗じて建州衛に侵攻し、女真24人以上殺害、婦女5人を拉致し、慮舎を焼き払った。


 1468年6月、節度使辛柱率いる朝鮮軍が「穏城」(咸鏡北道)において兀狄哈と戦い、これを敗走させた。


 1474年12月、助戦節制使朴思亨率いる朝鮮軍が兀良哈軍3,000余騎と「理山」(平安北道)で戦って敗走した。


 1479年12月、左議政尹弼尚を都元帥とする朝鮮軍が鴨緑江を越えて、13日、建州衛の本拠地へ侵攻し、女真15人を殺害、15人を拉致して、16日撤退。


 1491年11月14日、永安道観察使許琮を北征都元帥、永安北道節度使成俊を副元帥とする朝鮮軍20,000が図們江に浮橋を掛け、15日、渡江して、23日、兀狄哈(海西女真)の拠点を襲撃し、諸部落を焼き払って、24日撤退した。


 1500年3月、虞候曹漢孫等が「江界郡」において女真30余騎と交戦し、これを大破した。


 1524年8月、平安道節度使曹閏孫、平安道虞候李長吉率いる朝鮮軍が「閭延」に来居していた女真を襲撃し、4人殺害、馬3頭を奪い、穀類を焼き払った。


 1529年8月18日、軍官宋仁貞等が地寧怪洞口(平安北道慈城郡)において女真20余を襲撃し、1人を殺害した。


 8月28日、斥候軍姜玉貞等が「棒玻」(平安北道慈城郡三興面?)において女真40余を襲撃し、1人を殺害した。



歴史ランキング

| 歴代朝鮮対外侵略史 | 07時31分 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

李氏朝鮮の女真侵攻 その1 ~朝鮮の北侵拠点建設と女真の反撃1~

 高麗の後を襲った李氏朝鮮も女真侵奪の妄動を続け、主要舞台は高麗期より更に北方に移ることになる。


 1410年2月、兵馬使韓興宝率いる朝鮮軍が「慶源府」(咸鏡北道慶興)で、兀狄哈、吾都里、兀良哈の兵300余騎と交戦して敗れ、韓興宝敗死。


 3月、「吉州道」観察使趙涓率いる朝鮮軍が豆門(土門、咸鏡北道慶源の北方対岸)に侵攻して、毛憐衛指揮使把児遜以下数百人を殺害し、慮舎を焼き払った。


 4月13日、兵馬使郭承祐率いる朝鮮軍が「慶源府」阿古地で兀狄哈に敗れた。


 4月28日、女真の激しい抗戦にたまりかねた朝鮮は、女真侵奪拠点「慶源府」を「鏡城」(咸鏡北道)へ後退させた。


 1422年10月、僉節制使田時貴指揮する朝鮮軍が「慶源府」において兀良哈(モンゴル系、ウリャンハ三衛)と交戦した。


 12月、知閭延郡事李安吉率いる朝鮮軍が「慶源府」で兀良哈400余騎と交戦した。


 1424年9月15日、咸吉道兵馬都節制使河敬復指揮する朝鮮軍500余が「慶源府」高郎岐(咸鏡北道富寧郡)で謙真兀狄哈300余を敗走させた。


 1432年12月、江界節制使朴礎率いる朝鮮軍が「閭延」(平安北道慈城郡)において、建州女真400余騎と交戦して敗走。


 1433年5月、平安道都節制使崔潤徳率いる朝鮮軍2,600が鴨緑江を渡って建州女真へ侵攻し、170人を殺害、236人を拉致、牛馬170余を掠奪した。


 1437年5月1日、万戸申貴率いる朝鮮軍が趙明干口子(平安北道慈城郡閭延面)において兀良哈300余と交戦し、これを破った。


 9月、平安道都節制使李蔵、閭延節制使洪師錫、江界節制使李震の指揮する朝鮮軍7,700が鴨緑江を越えて建州女真へ侵入し、その拠点を攻撃した。


 1446年4月、女真50余人が朝鮮の西北侵略拠点の1つ「茂昌郡」(平安北道)を襲撃して朝鮮側に損害を与えて逃走。現地朝鮮軍がこれを追って鴨緑江を越えて女真に侵入するも追いつけず。



歴史ランキング

| 歴代朝鮮対外侵略史 | 22時11分 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT