2020年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2020年12月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

クリミア併合(2014年)

2014年のウクライナにおける政変で親ロシアのヤヌコーヴィチ政権が崩壊し、親欧米の暫定政権が発足したことに対して、クリミアのロシア系住民が反発し、2月27日、クリミア自治共和国最高会議(議会)を親露派武装集団が占拠した(、とされているが、実際に占拠したのはロシア軍特殊部隊と思われる)。


そして、その日のうちに、議会内部の様子が不明なまま、政権を親露派に譲り渡すことを決め、早速親露派のセルゲイ・アクショーノフをクリミア自治共和国の新首相に任命した。


2月28日、ロシア軍の装備を有するものの、国籍を示す徽章等を付けていない兵たちがベルベク空軍基地を占拠した。


3月1日、ロシア大統領ウラジーミル・プーチンがロシア系住民の保護を口実として、ウクライナへのロシア軍投入の承認を上院に求め、上院がこれを全会一致で承認すると、3日、ロシア軍をクリミアへ「進駐」させた。


これに呼応して、既に親露派により乗っ取られていたクリミア議会は、3月7日、ウクライナからの分離とロシアへの編入を求める決議を採択し、ロシア連邦編入の是非を問う住民投票を3月16日に実施することを決めた。


3月16日、ロシア編入の是非を問う住民投票が行われ、編入「支持」が96.6%と圧倒的多数だったため、翌17日にクリミア議会はウクライナからの独立を宣言し、ロシアへの編入を承認した。


この「結果」を受けて、18日、プーチンはクリミアを独立国家として認める大統領令に署名し、21日にロシア上院は、クリミアを自国に編入する条約を満場一致で批准し、クリミアは「クリミア共和国」に、セヴァストーポリは「セヴァストーポリ連邦市」としてロシアの連邦構成主体(クリミア連邦管区)となった。




歴史ランキング
スポンサーサイト



| ソ連・ロシアの侵略と圧政 | 21時32分 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ソ連のイラン侵攻 ~イラン侵攻 その1~

1939年9月、第二次世界大戦が勃発すると、パフラヴィー朝イランはその月のうちに中立を宣言した。


しかし、1941年6月に独ソ戦が始まると、軍事協定を締結していた英ソ両国にとって、イランはペルシア湾からカフカースを結ぶ輸送路(ペルシア回廊)としての意味を持つようになった。


ところが、どちらかといえばドイツ寄りの中立国であったイランは、英ソ両国によるドイツ人の国外追放要求を拒否したため、イギリス軍とソ連軍はこれに対する「制裁」として、8月25日、イランへ侵攻を開始、8月末までにイラン全土を制圧した。


9月16日、イラン皇帝レザー・シャーは子のムハンマド・レザー・シャーに譲位の上、南アフリカへ亡命し、翌17日、英ソ両軍はテヘランに入城した。


EOJRhieU4AE9WB1.jpg
レザー・シャー


以後、連合国はペルシア回廊を用いてソ連へ大量の補給物資を供給し、ドイツ降伏後、イギリス軍は撤退したが、ソ連軍はイラン北西部に居座り、イラン国内のアゼルバイジャンクルド両民族を煽動して「独立」させた後、1946年5月、イランから撤退した。



歴史ランキング

| ソ連・ロシアの侵略と圧政 | 23時45分 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

関西3空港懇談会、国に財政支援要求 ←関西人≒朝鮮人ですかい?

関西空港の財政支援求める方針 関西3空港懇談会
関西の3つの空港のあり方を議論する懇談会が開かれ、関西空港について、国に財政支援を求めることで合意しました。

「関西3空港懇談会」には、大阪府の吉村知事や関西の経済団体のトップらが参加しました。

新型コロナウイルスの影響で空港経営が厳しくなる中、関西空港・第1ターミナルの改修について、2025年の大阪・関西万博までに完了させるために、国に財政支援を求めることで合意しました。

(ここまで)


どうして関西に3つも空港があるのか?をまず問題にすべきではありませんかね?


しかも、普段は偉そうに首都圏にライバル意識を剥き出しにしているくせに、困ったら国に財政支援を要求とは呆れます。


関西の問題はまず関西で解決すべきでしょう!


imagetop.jpg


「私どもが行った現代日本人頭骨の分析から見ても、近畿人、特に畿内人は目立って朝鮮の集団に近いという意味で『特殊な日本人』ともいえる」(埴原和郎・国際日本文化研究センター名誉教授)


『シベリア抑留者1万人を調査した結果、近畿人は朝鮮人とほぼ同じだが、東西へ向かうに従い日本人となっていく』(レヴィン・旧ソ連の人類学者)


それとも、関西人(畿内人)は形質的だけでなく、民族的にも朝鮮人に近いということなのでしょうか?





歴史ランキング

| 未分類 | 23時00分 | comments:1 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「縄文vs弥生」が歪曲なら「日本vs畿内(関西)」でいいのでは?

imagetop.jpg


こうして比べて見ると、う~ん、、


最近では、従来の「縄文人の後に、弥生人が大陸から大挙して日本に来た」という二重構造説以外に、「縄文人自身が弥生化して行った」という説が提示されて、これも有力視されているようです。


後者の説は、「縄文人の中に既に写真の縄文人と弥生人が存在した」ということだと思いますが、それはそれで検討してみる価値はあるかもしれません。


とはいえ、大和朝廷の勢力の及ばなかった南九州以南、北東北以北にのみ※写真の「縄文人」としての形質を持つ人が現在でもとても多いことの説明にはなっていませんよね。

※厳密には、アルプス、和歌山等の山岳地帯にも見られます。


一方、日本神話には「神武東征」や「ヤマトタケル」のような「征服」(侵略)の記述があり、且つ北九州から関西、特に関西(中でも京都)に写真の「弥生人」そのまんまの容姿の人間が、他地域と比較して異常に多いという印象があります。


ここから、写真の「弥生人」の容姿を持った人間たちが、写真の「縄文人」及び「弥生人」の容姿を持った弥生人を征服した結果ではないか?と推測することができます。


だとすると、「縄文vs弥生」を「日本vs畿内(関西)」に変更すれば、決して間違ってはいないということになるんじゃないですかね。


以下、畿内人についての学者の発言を列挙しておきます。


「私どもが行った現代日本人頭骨の分析から見ても、近畿人、特に畿内人は目立って朝鮮の集団に近いという意味で『特殊な日本人』ともいえる」(埴原和郎・国際日本文化研究センター名誉教授)


近畿人は日本人全体からかけ離れて朝鮮人に近い。東大の埴原和郎先生は近畿人は日本人じゃないと言うんだ」(梅原猛・京都在住の哲学者)


畿内古代人は韓国朝鮮現代人に類似する畿内現代人と同じグループに属し、縄文人から最も離れている』(池田次郎・京都大学名誉教授・自然人類学)


『シベリア抑留者1万人を調査した結果、近畿人は朝鮮人とほぼ同じだが、東西へ向かうに従い日本人となっていく』(レヴィン・旧ソ連の人類学者)


畿内人と大陸人、とりわけ朝鮮人は人種的につながっている』(岩本光雄・京都大学名誉教授・霊長学)






歴史ランキング

| 縄文/弥生 | 22時12分 | comments:3 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

『リトアニア防衛軍』とソ連軍の再占領 ~リトアニア占領 その3~

1944年初、ソ連軍がバルト三国国境に迫ると、ドイツは、かねてからリトアニア人によるリトアニア防衛のための軍の設置を求めていたリトアニア国民評議会(LAFの残存勢力)に対し、独自の兵力の保有を許可した。


これを受けて2月、リトアニア国民評議会は『リトアニア防衛軍』の設立を宣言し、募兵を開始すると、瞬く間に予定の倍以上の応募が集まり、約2万の兵力を以て発足した。


ところが、リトアニア防衛軍が国外派兵とドイツ軍の指揮下に入ることを拒否したため、両者の関係が悪化、4月にドイツ軍がリトアニア防衛軍の指揮権を剥奪すると、リトアニア防衛軍司令官ポヴィラス・プレチャヴィウスは軍の解散を命令した。


リトアニア防衛軍の将兵が武装した状態で地下に潜ることを恐れたドイツ軍は、武装解除を強行した後、殆どの将校を強制収容所送りにし、ここにリトアニア防衛軍は消滅した。


8月、ソ連軍がリトアニアを再占領すると、スターリンが死亡する1953年までにリトアニア人40万人を処刑したりシベリアへ強制連行したのに対し、『森の兄弟たち』の数も10万を超えるまでに膨れ上がり、1950年代半ばまで戦いを続けた。



歴史ランキング

| ソ連・ロシアの侵略と圧政 | 07時27分 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

リトアニア行動戦線(LAF)の独立宣言 ~リトアニア占領 その2~

ソ連の暴虐に対し、リトアニア人たちも手を拱いていたわけではなく、多くの人々が地下に潜って、様々にソ連への抵抗を始めたが、その中でも最大の勢力を有していたのが『リトアニア行動戦線』(LAF)で、兵員だけで3万に達していた。


1941年6月、ドイツ軍がバルバロッサ作戦を発動して、ソ連への侵攻を開始すると、リトアニアでもLAF始め各武装組織が蜂起、各地でソ連軍及び共産党に対する破壊工作を実施し、ドイツ軍の進撃を側面から支援した。


20190118164320.jpg


ソ連軍とNKVD(内務人民委員部)は政治犯を始めとする囚人たちを大量虐殺し、撤退途中に見つけた集落を片っ端から焼き払い(焦土戦術)、抵抗する者を容赦なく殺戮した。


リトアニアからソ連軍と共産党が一掃されると、LAFはリトアニアの「独立」を宣言したものの、ドイツはこれを認めず、7月、LAFを解散させ、8月には臨時政府を解散させた。


この結果、リトアニア人の間にドイツへの失望が広がり、1943年に武装SSがリトアニア人部隊編成のための募兵を実施したものの、志願者が集まらなかったため、リトアニア人部隊の編成は中止に追い込まれている。



歴史ランキング

| ソ連・ロシアの侵略と圧政 | 22時09分 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ソ連のイラン侵攻 全

1.イラン侵攻





歴史ランキング

| ソ連・ロシアの侵略と圧政 | 16時27分 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ソ連のリトアニア占領と圧政 ~リトアニア占領 その1~

リトアニアは13世紀にドイツ騎士団に対抗してリトアニア大公国を建国し、その後ポーランド・リトアニア連合王国、18世紀にはポーランド分割によってロシア領となり、1917年のロシア革命に伴って独立した。


しかし、1939年に独ソ不可侵条約が締結されると、エストニア、ラトビア同様、ソ連の圧力によって相互援助条約の締結を余儀なくされ、1940年5月、ソ連は「ソ連兵2人がリトアニアによって誘拐された」と称してリトアニアに「抗議」し、6月、親ソ政権の樹立を要求した。


リトアニア側は困惑したものの、「ソ連の要求受諾止む無し」の意見が大勢となり、7月、ソ連軍15個師団がリトアニアに進駐して、親ソ政権が樹立され、更に「リトアニアの希望により」ソ連に併合された。


リトアニアを併合したソ連は、翌年にかけて135,000人を処刑または強制収容所やシベリアへ強制連行した。


ちなみに、ユダヤ系ポーランド人でリトアニアに亡命していたメナヘム・ベギン(後のイスラエル首相)も、このときに「イギリス帝国主義を宣伝した」という容疑で「有罪」となり、強制収容所送りになっている。


Menachem_Begin_2.jpg
メナヘム・ベギン



歴史ランキング

| ソ連・ロシアの侵略と圧政 | 08時01分 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

イスラエル首相、サルマン皇太子と秘密会談 イスラエル報道

https://www.afpbb.com/articles/-/3317432?cx_part=top_category&cx_position=4
 KANはイスラエル政府関係者らの話として、ネタニヤフ首相と対外情報機関モサド(Mossad)のヨッシ・コーヘン(Yossi Cohen)長官が「きのう(22日)空路でサウジアラビア入りし、ネオム(Neom)でポンペオ氏とサルマン皇太子と面会した」としている。

 他の複数のイスラエルメディアも同日朝、同様の内容を報道。匿名でAFPの取材に応じたイスラエル政府関係者もAFPに対し、報道内容は事実と認めた。

(ここまで)


バイデン「政権」のイラン核合意への復帰に備えて、事態が急速に進展しています。


米国が中東から撤退すれば、イラン、トルコの影響力が相対的に増して来ますし、更にロシアが米国の代りを窺っている状況で、アラブとイスラエルが対立していては、これら諸国にいいように翻弄されるだけですからね。


それはさておき、会談場所のネオム(Neom)は、日本でいえばトヨタのWovenCityの国家プロジェクト版のようなもので、その実現のためにイスラエルの先端技術が欲しいってことなんでしょうね。





歴史ランキング

| インド中東 | 21時36分 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

クリミア・タタール人追放 ~ソ連によるクリミア・タタール人ジェノサイド~

1944年5月、スターリンは「ドイツ軍によるクリミア半島占領時、クリミア・タタール人がソ連を裏切って大規模にドイツに協力した」と決めつけ、クリミア・タタール人全員を中央アジアへ強制連行することを決定した。


5月18日、NKVD(内務人民委員部)32,000人がクリミア・タタール人に30分以内に退去するよう要求し、NKVDの記録によれば183,144人を中央アジアへ強制連行、うち46%が1年半以内に死亡している。


ソ連はクリミア・タタール人を追放した後、彼らの残した資産を全て接収し、多数のロシア人をこの地に移住させて、ロシア化を図った。


クリミア・タタール人の追放措置が解除されたのは1967年のことで、それ以後クリミア・タタールへの帰還が許可されたものの、スターリンによるロシア化の影響は大きく2014年のクリミア併合前のクリミアにおけるクリミア・タタール人の比率は10%程度となっている。



歴史ランキング

| ソ連・ロシアの侵略と圧政 | 21時47分 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT