PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

モンゴル侵攻(1370-1424) その2 ~永楽帝の侵攻~

 1402年、靖難の変で明の帝位を簒奪した燕王朱棣(永楽帝)が、周辺諸国への侵奪野心を露にし、1405年には南洋での示威行動に着手、1406年にはベトナムを侵略し、次に北方を標的と定めた。


 1409年、淇国公丘福、武城侯王聡、同安侯火真、靖安侯王忠、安平侯李達率いる明軍10万がモンゴルへ侵攻して大敗し、五将軍は全員戦死した。


 1410年、前年の惨敗を受けて、永楽帝は自ら50万の大軍を率いてモンゴルへ侵攻し、まず西へ逃れたオルジェイ・ティムール・ハーンをオノン河で破り、返す刀でアルクタイの軍を興安嶺で撃破した。この結果、オルジェイ・ティムール・ハーンはオイラートによって殺害され、アルクタイは明に降伏した。


 1414年、明の侵攻により大打撃を受けたモンゴルに代って勢力を増大させたオイラートを討つべく、永楽帝率いる50万の大軍がモンゴルへ侵攻、フラン・フシウン(ケルレン河とトラ河の分水嶺)でオイラート軍と交戦して、オイラートに大打撃を与えたものの、明軍も大損害を出したため、追撃を断念して撤退した。


 オイラートが打撃を受けている間に、今度はモンゴルが強大となったため、1422年、永楽帝がモンゴルへ侵攻するも、アルクタイは既に逃げた後で、その所在を把握できず帰途に就いた。その途中、興安嶺の東側に出て、ウリヤンハの本拠を襲撃し、これを殲滅した。


 1423年、永楽帝率いる明軍がアルクタイを捕捉撃滅すべくモンゴルに侵攻したが、アルクタイを発見できず撤退した。


 1424年、永楽帝率いる明軍がモンゴルへ侵攻し、アルクタイがネメルゲン河の畔に逃げたとの報を得て、ネメルゲン河畔へ急行したものの、アルクタイは逃げ去った後であり、周辺を捜索してもアルクタイ等を発見できなかったため撤退した、その途中永楽帝は死去した。


 これ以後、明がモンゴルへ大規模侵略することはなくなった。






歴史ランキング
スポンサーサイト



| 歴代中華帝国対外侵略史 | 09時40分 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT