PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

二〇六事件

 二〇六事件は、中共がモンゴル人の大量粛清を目的として自作自演した事件。


 1963年2月6日、内モンゴル、ウランチャブ盟の首都集寧市の郵便局において、モンゴル人民国へ配信された手紙に、①内モンゴルのモンゴルへの編入を求め、②漢人を非難する内容が記載されていたとして、中共が大規模な「捜査」を開始、内モンゴル出身の高官100人以上を逮捕した。


 この事件はこれで終らず、文革中に中共中央の指示で再「捜査」が行われ、モンゴル人大量虐殺に繋がった。





スポンサーサイト



| 歴代中華帝国対外侵略史 | 02時36分 | comments:1 | trackbacks(-) | TOP↑

かつて通った道。
て感じですね(-。-)y-゜゜゜


最近の「爆買い」といい
中国て、完全に日本の後追いですよね( ゚Д゚)


え~と歴史書によると
確か、中国から色々と教わったんでしたっけ(#^^#)



| | 2019/07/04 20:57 | URL |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT