PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

菅新総裁と蜜月の維新、大阪都構想進展に期待

https://mainichi.jp/articles/20200914/k00/00m/010/182000c
 自民党の菅義偉新総裁が14日誕生し、大阪では維新関係者から歓迎の声が上がる。代表の松井一郎・大阪市長と菅氏の蜜月関係を背景に、官邸と連携して進めてきた2025年の大阪・関西万博や、カジノを含む統合型リゾート(IR)などが一層推進されるとの見方が強いためだ。

(ここまで)


大阪の公務員は17時15分前には帰宅の準備をしていることで有名でしたから、大阪都構想が実現するといいですね。


加えてカジノが実現すれば、住民税や固定資産税等の地方税が安くなるかゼロになる可能性があり、更に、地方分権推進により国税の所管範囲を縮小することができれば、大阪都は税金天国になるかもしれません。


毎日満員電車で疲弊し切っている身としては、名古屋、大阪や福岡への人口分散を願うばかりですので、是非とも大阪には成功例を示して欲しいものです。





歴史ランキング
スポンサーサイト



| 未分類 | 21時43分 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT